上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「環境に配慮した○○!」を求めて、旭川市へ行ってきました。

今回、お話をお伺いしたのは、「木」を使い、様々な家具やインテリア、そして内装を提供する株式会社コンプウッドさん。

鷹栖インターから程近いショールームと工場を見学させてもらいました。
迫力のある木製ドアが迎えてくれます。




ショールームは、先月に堂々オープンしたばかり。

打ちっぱなしの建物とエントランスドアが絶妙に調和しています。
もともとあった建物を最小限の改築にとどめたそうですので、あるものを最大生かすという発想で考えれば、これもエコですね。




重厚な扉を開けると、ふわりと木の香りが包んでくれます。

最初に目を引くのは足元の床材です。
靴を脱ぎ、そのぬくもりと質感を五感で感じとれるよう工夫されています。




コンプウッドさんは、木製のティッシュケースや花瓶といったインテリア小物をはじめ、無垢のフローリング材やオーダー家具、オーダーキッチンなどあらゆるものに対応できるノウハウを持っています。

なかでも一番のサプライズはオール木のアタッシュケース!




ゼブラウッドのダンディな木目!しかも取っ手まで木なのです。
加えて、革製のインナーのデザインも使い方に合わせてオーダーできるそうです。リリースしたばかりの新商品とのこと。
気になる方は是非、お問合せください!




さて、コンプウッドさんは北海道産材の積極活用をコンセプトのひとつとしています。
北海道の木を北海道で消費する、いわゆる「地産地消」です。




主に札幌で活動する大家の会と何かコラボレーションできないものか・・・、S社長からお話を伺いつつ、頭を廻らせます。

フローリング材かキッチンか、はたまた家具か。

こんな感じのエントランスのドアというのも素敵ですね。




最後は実際に木を加工している工場までご案内していただきました。




木の魅力を引き出すため、「森」から考え、また製品を置く空間までデザインしてしまう。S社長の言葉から、木に対する愛情と敬意がひしひしと感じられました。S社長、お忙しいところありがとうございました。




旭川へ足を運ばれる際は、コンプウッドさんのショールームへ是非どうぞ!
スポンサーサイト
2008.04.11 Fri l アースデイ2008企画(エコロジー賃貸) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sapporoooya.blog.fc2.com/tb.php/96-4e88028d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。