上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日お話を聞かせていただいた今川建築設計監理事務所のIさんから、実際に建てられた無暖房に近い住宅を紹介していただきました。

これが、もうビックリするくらい大きなお家です。

さっそくなかを拝見させていただくと・・・



これが無暖房住宅を実現する重要アイテムである「熱交換換気装置」。

省エネルギー化を図る上でも必須とのことですが、残念ながら国産メーカーでは適当なものがないとのこと。

窓は木枠で断熱性能に優れているだけでなく・・・



クルリ回転して、反対側の手入れも出来るようになっています。

掃除のしにくいガラス裏面も、これで簡単に窓拭きできます。

完成された住宅だと、断熱材の充填された肝心の壁のなかの様子がわからないわけですが、Iさんはこんなものを用意していました。



この建物の模型(!)です。

これなら一目瞭然、壁の中や屋根の構造が一目でわかります。

実際は、床暖房やパネルヒーター、薪ストーブまで室内にあるのですが、Yオーナーによるとパネルヒーターだけで十分暖かいそうです。

Yオーナーは、以前は本州で不動産業にも関わっていたということで、我々にとって有意義なお話も聞かせていただきました。(ありがとうございました!)

建物には色々な仕掛けがあり、こんな秘密の跳ね橋も。



窓を清掃するための足がかりとのこと。
普段は壁に収納できるようになっています。

広々としたテラスも最高。



いつかこんな家に住めるといいなあ、と思うのでした。
スポンサーサイト
2008.05.07 Wed l アースデイ2008企画(エコロジー賃貸) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sapporoooya.blog.fc2.com/tb.php/117-e8f71e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。